本文へスキップ

当会は全国のみなさんの会費で支えられています。
 一般社団法人 北海道自然保護協会

行事のお知らせ


 

2018年度
第25回夏休み自然観察記録コンクール受賞者・受賞作品


北海道自然保護協会では、北海道新聞社・北海道新聞野生生物基金との共催により、北海道教育委員会・札幌市教育委員会の後援を得て、「第24回夏休み自然観察記録コンクール」を計画いたしました。受賞者・受賞作品は下記のとおりです。

募集テーマ  身のまわりの自然をよく見て作文や絵にくわしくかいてみよう
主 催    一般社団法人北海道自然保護協会、
      北海道新聞社、公益財団法人北海道新聞野生生物基金
後 援    北海道教育委員会、札幌市教育委員会 
応募数   67点  25校
      1年(8) 2年(7) 3年(11) 4年(19) 5年(6) 6年(15)
審査日   2018年9月2日(木) 
審査員   北海道新聞野生生物基金、北海道自然保護協会

金賞  1点

大嶋 良ノ助  
(札幌市立幌西小学校1年)    かわのさかな


銀賞  2点

久保田 冬真 
(札幌市立大倉山小学校4年)   ハネナガキリギリスの観察シーズン2
樋口 陽一
(札幌市立大倉山小学校6年) シラカバ花粉の飛散時期に関する研究


銅賞  6点

眞田 花 
(札幌市立澄川小学校2年)   かなへびのうろこのひみつ
福井 清夏・春太郎  
(札幌市立宮の森小学校2年・5年)   共同作品          女王アリさん今までごめんね  ~アリが快適な飼育環境を考える~
武田 茉優   
(根室市立北斗小学校3年)   ノッカマップの花図かん
丹場 遥音  
(小樽市立銭函小学校4年)     アゲハが羽化するまで・・・
菅原 大雅  
(美瑛町立美瑛小学校4年)    続 身近にいる外来生物2018
松本 悠理乃 
(北海道教育大学附属旭川小学校6年) サケの赤ちゃんの里親になる!

佳作  17点

鈴木 蒼琉  
(札幌市立大倉山小学校1年)   かたつむりのかんさつ
佐藤 絢    
(札幌市立石山南小学校1年)   けんのいろいろはっぱ
前川 咲帆   
(札幌市立石山南小学校1年)   むしのおせわにっきより
幸田 昌士
(札幌市立発寒小学校2年)    バラハキリバチについて
石戸谷 珠月
(札幌市立藻岩小学校2年)     ビーチグラスとはなに!?
小沢 孝至朗 
(札幌市立平岡公園小学校3年)   あさがおのさく時間3
中村 日菜子  
(恵庭市立恵み野旭小学校3年)   カブトムシかんさつレポート
新堂 倖大  
(札幌市立共栄小学校3年)     アリのすけんきゅう
甲斐 こみち 
(札幌市立藻岩小学校3年)     身近な植物~北海道夏~
谷村 優羽  
(札幌市立藻岩小学校3年)      しょくぶつずかん
中屋 宏太朗 
(札幌市立大倉山小学校4年)    虫コンプリートすごろく
小沢 諒太郎 
(札幌市立平岡公園小学校5年)   カラスの知恵
小割 友希
(江差町立江差北小学校5年)     カルガモの観察
見藤 悠樹  
(札幌市立月寒小学校5年) 発見!セミの幼虫の見分け方 オス?メス?
原田 健光  
(札幌市立厚別通小学校6年)     森と池の生物たち
前田 拓真
(札幌市立平岡公園小学校6年)    清田区にコウモリはいるか?
吉田 柊輝  
(札幌市立真駒内桜山小学校6年)   ぼくは虫がきらいです。

学校賞  2校

札幌市立大倉山小学校
札幌市立藻岩小学校

※入選作品は10月30日~11月4日(10時から16時)
 札幌市資料館2階ミニギャラリー3号室にて展示致します。
 札幌市資料館 (札幌市中央区大通西13丁目・地下鉄西11丁目1番出口より徒歩4分)

※ また、円山動物園との共催により2019年1月13日~20日まで同園内「円山動物園科学館ホール」にて展示致します。



 

札幌市の水道について考えてみませんか?

当別ダムは2012年に完成、当別ダムから札幌まで取水するために2020~2024年に第二期工事が予定され、札幌市は当別ダムから1日4.4万m3の水を取水する予定です。この水は使っても使わなくても毎年約19億円支払うことになります。
 札幌市の水道水の水源量は十分です。また、豊平川に災害が生じたときの対策をすでに講じているので、当別ダムからの取水は必要がなく、毎年19億円を支払う必要がありません。全国の水道行政に詳しい嶋津暉之氏を迎えて、これからの札幌市水道のあり方を皆さんと考えていきたいと考えています。ご参加をお待ちしています。

シンポジウム 人口減少を迎える札幌市水道を考える
 -毎年約19億円支出の当別ダムからの水道水取水をやめさせよう-
主催:北海道自然保護協会 共催:当別ダム周辺の環境を考える市民連絡会

  9月6日におきた北海道胆振東部地震のため、9月9日実施の本シンポジウムを延期し、下記のように開催いたします。

  12月9日(日) 12:30開場 シンポジウム:13時~16時
   北海学園大学6号館3階C31教室 資料代500円

     (地下鉄東豊線学園前駅3番出口直結)

プログラム  
 
 
1.札幌市水道の将来を考える-縮小社会へ進む現実を踏まえて-
    嶋津暉之(水源開発問題連絡会共同代表)
2.札幌市の無駄な公共事業-これでいいのか札幌の水道!
    安藤加代子(当別ダム周辺の環境を考える市民連絡会)
3.市民目線から見た水道事業
    加藤勉(さっぽろの「おサイフ」を知る会)
4. 総合討論
問合せ先:一般社団法人北海道自然保護協会  011-251-5465
メール:info@nc-hokkaido.or.jp

 

2018年度「自然を語る会」のお知らせ

当会は、毎年、夕方のひと時に「自然を語る会」を開催しています。
8月から10月まで3回の開催を予定し8月、9月はすでに終了しております。10月について下記の要領で行いますので、気軽にお誘いあわせの上ご参加くださいますようお願いいたします。

①2018年8月28日(火) 終了
「札幌の市街地近郊の外来ナメクジたち」

講師:興野昌樹氏(学校法人総合技術学園理事・北海道自然保護協会理事)

②9月25日(火) 18:00~20:00(火) 終了
「試験的雑草除去ボランティア―平取のスズラン群生地の事例」
講師:小川巌氏(エコ・ネットワーク代表)

③10月23日(火) 18:00~20:00
「国内外来生物アズマヒキガエルの駆除活動」
講師:八谷和彦氏(深川ひきがえるバスターズ会長)
要旨
ヒキガエルは北海道に無縁のカエルであったが、明治以降、道内3カ所に持ち込まれ定着している。なかでも1980年ころ神居古潭付近に定着した個体群は、石狩川下流域を中心に急速に分布拡大中であり、個体数も多い。これに対し、旭川では2010年から、深川では2013年から、住民主導で民・官・学協働の駆除活動を行っている。2018年 に発足した深川ひきがえるバスターズは、これまでの駆除成果や技術的・生態的知見 を踏まえて、音江地区の溜池群で精力的に駆除活動を行っているので、その概略を紹 介する。

定員:50名 ■参加費:無料
会場:札幌市立大学サテライトキャンパスアスティ4・5(12F)
*8月から10月まですべて同じ会場です。(札幌市中央区北4条西5丁目)
申込み・問合せ:北海道自然保護協会 ☎011-251-5465 FAX011-211-8465
          Eメール:info@nc-hokkaido.or.jp
*資料が出ることがありますので必ず申込みをお願いいたします。



 

 2018年度自然保護大学
-外来昆虫・外来植物・外来魚-

 今年の自然保護大学では自然の生態系にさまざまな影響を与えている外来種をテーマに取り上げました。人間生活に密着し、欠かすことの出来ない外来種も多くあり、なぜ外来種がだめなのか、疑問を持つ意見もたくさんあります。
外来種に関わる基本的な考えについて、それぞれの分野で調査研究をされている専門家にお話しをしていただきます。
多くの方の受講をお待ちしております。

●日 時:2018年11月18日(日)13:00~17:00  3講義
●会 場:札幌市資料館・2F研修室(札幌市中央区大通西13丁目)
     地下鉄西11丁目1番出口より徒歩4分
●定 員:50名(先着順につき注意)
●受講料:無料
●申込み・問合せ:北海道自然保護協会 ℡011-251-5465・fax011-211-8465
          Eメールinfo@nc-hokkaido.or.jo


①外来昆虫の影響(仮題)            13:10~14:20
              大原昌宏氏(北大総合博物館教授) 
地球温暖化やグローバル化した人間社会の影響により、望まない外来昆虫が増えている。有毒なセアカゴケグモ、ヒアリ、ツマアカスズメバチ、シャーガス病媒介サシガメなど生命の危険をもたらす外来昆虫は注目度が高く駆除の対象になる。一方、道内では国内外来種で風情のあるゲンジボタルや人気のカブトムシは、駆除に対する抵抗が強く、意識も低い。国内・道内の外来昆虫を概観し、外来生物による生物多様性の崩壊、社会的経済的損失、認識論を扱いたい。

②外来植物はなぜだめなのか          14:25~15:35
              高橋英樹氏(北大総合博物館特任教授)

日本から南千島・北海道そして北大札幌キャンパスにおける外来植物問題を概観した。外来植物の侵入は地域の自然生態系維持に負の影響を与えるため、外来植物は悪いものだというのが一般的な考えである。しかし、外来植物を駆除するかどうかは、突き詰めれば該当地域における人間活動と自然生態系との折り合いの問題といえる。限られた自然とスペースしかない地球上で人間が今後どのような生き方をしていくかを考えるきっかけとして外来種問題を捉えたい。

③外来魚や在来魚の放流が生態系に与える影響  15:40~16:50  
              長谷川功氏
                (水産研究・教育機構 北海道区水産研究所 主任研究員)

外来魚は生態系を乱す存在としてときに厄介者扱いされます。外来魚は外国産に限らず、国内の他地域から来た魚も国内外来魚と呼ばれます。また、水産資源や環境教育目的として放流される在来魚も外来魚同様に生態系に影響することが分かってきました。本講演では、これらの影響について、外国産のニジマスやブラウントラウト、国内産のサケやサクラマス(ヤマメ)等のサケ科の事例を紹介し、外来魚や放流の在り方について考えます。





 

一般社団法人 北海道自然保護協会

〒060-0003
北海道札幌市中央区北3条西11丁目
加森ビル5

TEL 011-251-5465
FAX 011-211-8465
E-mail:info@nc-hokkaido.or.jp

@北海道自然保護協会